This Archive : 2007年11月08日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新井FA宣言

※推敲してないので大変なことになっておりますがご容赦の程。

今日は千葉市長杯を観戦するために会社を休みました。

泣くために休んだんじゃないのに。



新井さんがいなくなってしまう。
その現実に耐えられない。

どうしてだろう。
意味がわかんない。
なんで他球団とか思うのかな。
何をどうしたら、移籍しようとか思うのかな。

試合中いつも、新井さんのことを信じて応援してきた。
それはオフになっても変わらなくて、やっぱり試合中と同じように応えてくれるものだと信じていた。
どうしてもこの結論がわからない。


「FAは選手の権利です。
プロの選手として、お金をたくさんもらえるチームに行くのはあたりまえです。
だから決断を受け入れるよりないんです」


文字で書くとそれまでだけど、感情はそう簡単に動かせない。
エラー王で丸刈りになったこともあった、ホームラン王だってとった。
不振でも必死に球場で声を張り上げてきた。
もがく姿に文句を言いながら、立ち上がって声援を送った。
私の中には何年分もの、思い出しきれない、書ききれないほどの「新井選手」がいる。

この強い想いはそう簡単に覆せない。

「権利」ってことばひとつで納得できるほど、ゆるい気持ちで応援してきてはいない。
+
NPBの制度や球団の体質をたたくひともいる。
確かにそれはそうかもしれない。
でも、私にはそんなことは関係ない。
本人の下した決断、それが全て。誰のせいでもない。


自分が入った球団で、育ったところで優勝する。
それがたとえ遠い夢だとしても、信じた仲間と戦う。
新井さんがあこがれた選手がいるように、誰かにあこがれられる選手になる。


それが当然だと思っていた。


だけど、新井さんは違ったんだ。
どこでもいいから、どのチームでもいいからとにかく優勝がしたいんだ。

別にカープじゃなくてもいいんだ。

こんなに、こんなにカープが、カープでがんばる新井さんが大好きで。
どんな時でも応援していたのに、そんなんどうでもいいんだ。


優勝さえできれば。


私なんかほんの一部で、もっともっと大勢の人が新井さんを応援してきた。
ヌケサクでイライラさせられるけど、一生懸命。
野球が、カープが好きだと体現していた。
やればできる、どれだけの人がそんな姿勢に共感し、見守ってきたことだろう。


そんな私たちを振り切って出て行く。
喜んで出て行くわけじゃないってどういう意味なんだろう。
どうして出て行くのがつらいんだろう。


そんなこと言って何になるんだろう。


あれだけ愛した選手に背中を向けられる私たちってなんなんだろう。

意味がわからない。
ただ、ただつらい。


私にとってのカープは新井さんと言い切っても大げさではないのに。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 5
Category : Carp


カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

巡回リンク

わたし

しゃる

Author:しゃる
好きなタイプは
キム・ヒョンス(トゥサンベアーズ)。

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

Web拍手(音は鳴りませぬよ)

Twitter

 

カテゴリィ

過去のたわごと

最近のたわごと

コメント

トラックバック

ブログ検索

RSSフィード

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © (有)ヒロシマ興業 埼玉支店 All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。